脱毛ニュース

Kerastemの脱毛症治療Kerastem Therapyが好結果

【シカゴ2015年9月11日PRN=共同通信JBN】
発毛に対する幹細胞べースのアプローチの世界リーダーであるKerastemは11日、
女性型、男性型脱毛症(遺伝性脱毛症)の治療にKerastem Therapyを利用する臨床データが、
2015年国際毛髪外科学会(2015 ISHRS)でダビド・ペレス・メサ博士(スペイン・マラガ)から報告されたと発表した。
データは英国の一連の初期臨床結果に基づいている。

 

共同執筆者(ペレス・メサ博士、シエリング、スフォルサ、バール、クリシュナ、ダニエルズ)は、
9人の脱毛患者にKerastem処方の新生(再生)細胞に富んだ脂肪組織を1回だけ頭皮注射した。

 

6人の患者については、発毛状態を定量化するため使うハンディースコープ付きとTrichoscale Proソフトウエアによるグローバルな写真撮影とマクロ写真撮影を利用する6カ月期間が続いた。

 

執筆者は6カ月期間のKerastem Therapyに対する100%の患者反応率を報告した。

 

初期段階の脱毛症にかかった患者において、毛髪数・密度のパーセント増加率は平均差17%(p = 0.02)だった。

 

早発のグレードロスのある男性において、1平方センチメートル当たり40本の毛髪の平均差があり、
毛髪数・毛髪密度で平均29%増(p=0.057)だったと報告した。

関連ページ

ミュゼとエヴァンゲリオンがコラボ“人類美肌計画”をスタート
顔の脱毛をする際には絶対に守ってほしいことが3つあります、このことを守らないで脱毛をしてしまうと、